進撃の巨人9話|左腕の行方 ~トロスト区攻防戦5~|アニメまとめ

アルミンの目の前で巨人の餌食となったエレンだったが、自ら巨人となりミカサたちの窮地を救った。しかしにわかには信じ難いキッツ率いる駐屯兵団はエレンたちに武器を向ける。

初月無料!無料期間の解約でもOK!

 

【進撃の巨人Season1まとめ記事】
⇒進撃の巨人Season1アニメまとめ紹介

【進撃の巨人Season2まとめ記事】
⇒進撃の巨人Season2アニメまとめ紹介

【進撃の巨人Season3まとめ記事】
⇒進撃の巨人Season3アニメまとめ紹介

【アニメ記事一覧】
⇒アニメまとめ一覧。あらすじ、ネタバレ

【inoooチャンネル記事一覧】
⇒inoooチャンネル記事一覧

進撃の巨人9話|左腕の行方 ~トロスト区攻防戦5~|

 

巨人の襲撃を受けたトロスト区で兵士の被害が大きかったのは、調査兵団の不在も影響していた。
彼らはその朝、壁外調査に出発したばかりだった。
進撃の巨人9-1

壁外調査と進出のための拠点設置の任務を託される調査兵団。
巨人の領域への派兵には、毎回3割を超す損害がでていた。
それほど人類と巨人の力の差は大きかった…。

進撃の巨人9-3

その壁外調査で、リヴァイ率いる班の隊員も巨人によってやられてしまう。
自分は人類の役に立てたのかと聞く死にゆく兵士の手を握りしめた。

リヴァイ「十分に活躍した。これからもだ…おれに力を与える。約束しよう。おれは必ず巨人を絶滅させる」

調査兵団に退却命令がでる。
巨人が町を目指して北上しはじめたのだ。
5年前と同じだ…。壁が破壊されたかもしれない。

巨人に食べられ胃袋の中。
大勢の人々が死んでいる。

エレン ”こんなはずじゃ。おれたちは5年前とは違うんだ。必死に訓練した。必死に考えた。こいつらに勝つために、こいつらから奪われないために。どうしてこうなる? どうして奪われる? 命も夢も......

エレン「クソ、あきらめてたまるか。駆逐してやる。一匹残らず、おれが、この手で!!!」

進撃の巨人9-5

エレンを飲み込んだ巨人の口から腕が出る。
倒れた巨人を突き破り、巨人化したエレンが姿を現す。
エレンは叫ぶ、そして巨人を倒していく。

エレン「駆逐してやる。この世から一匹残らず…。もっと、いっぱい、殺してやる。」

進撃の巨人9-6進撃の巨人9-7

エレンの言葉におどろくアルミン。
エレンの意識が戻った。
傍らにはミカサとアルミン。
駐屯兵団はエレンたちに武器を向ける。
状況がわからないエレン。
そんなエレンに、人か巨人かと問う駐屯兵団兵士。

エレン「質問の意味がわからない。」

巨人の体内から姿を現すところを多くの者が見た。
エレンを得体のしれない化け物だと処刑しようとする。

進撃の巨人9-10

ミカサ「わたしの特技は肉を削ぎ落とすことです。必要に迫られれば、いつでも披露します」

ミカサがそう言って剣を抜く。

ミカサ「どこの誰が相手であろうと、エレンが殺されるのは阻止する。これ以外に理由は必要ない」

アルミン「話し合うんだよ。誰にも何も状況がわからないから、恐怖だけが伝染しているんだ」

進撃の巨人9-11

ここに至るまでの記憶がないエレンは、おれが巨人じゃないと思っているのはおれだけなのかと考える。
そもそも巨人の体内から自分が出てきたというのはどういうことなんだ。
服のない部分の腕は生えてきたのか。
まるで巨人だ。そんなバカな......何でおれが。

もう一度、正体は何だと問われるエレン。

エレン「人間です」

キッツ「誰も自分が悪魔じゃないことを証明できないのだからしかたない。」

キッツは攻撃を命じる。
エレンを連れて上に逃げようといるミカサ。
エレンは自分が持っている鍵に気がつき、父の言葉を思い出す。

f:id:chikaraino-oo:20190601020751p:plain

エレン父「この鍵を、ずっと肌身離さず持っているんだ。そして見るたびに思い出せ。おまえが地下室に行かなくてはならないことを」

父は涙を流しながら言っていた。
この注射のせいで記憶障害が起こるから今、説明してもダメなんだと。
ウォールマリアを奪還して、必ず地下室にたどり着くんだと父は言っていた。
この力はその時、役に立つ。使い方は彼らの記憶が教えてくれる。

エレン父「エレン、いつか地下室に行けば真実がわかる。つらく厳しい道のりだが、必ずたどり着くんだ。ミカサやアルミン、みんなを救いたいなら、おまえは、この力を支配しなくてはならない」

砲弾が撃ち込まれる。
ミカサとアルミンを引きよせたエレンは自分の左手を噛む。

進撃の巨人9-13

エレンは巨人化し、砲弾を防いでいた。