アニメ|進撃の巨人4話|解散式の夜 ~人類の再起2~|まとめ

訓練兵団に入団して3年。エレンは「立体機動術」などの巨人殺しの技術を磨くことが、同時に巨人からいち早く安全圏に逃れる技術に繋がっている矛盾に 気づく。

初月無料!無料期間の解約でもOK!

 

進撃の巨人Season1まとめ記事】
⇒進撃の巨人Season1アニメまとめ紹介

【進撃の巨人Season2まとめ記事】
⇒進撃の巨人Season2アニメまとめ紹介

【進撃の巨人Season3まとめ記事】
⇒進撃の巨人Season3アニメまとめ紹介

【アニメ記事一覧】
⇒アニメまとめ一覧。あらすじ、ネタバレ

【inoooチャンネル記事一覧】
⇒inoooチャンネル記事一覧

アニメ|進撃の巨人4話|解散式の夜 ~人類の再起2~|

 

入団から2年が経過。キース教官による訓練生への評価。

進撃の巨人4-1

ライナー・ブラウン
屈強な体格と精神力を併せ持ち仲間からの信頼も厚い。

アルミン・アルレルト
体力面で劣るものの座学で非凡な発想を見せる。

進撃の巨人4-2

アニ・レオンハート
斬撃に非の打ちどころはないが連帯性に難があり孤立気味。

ベルトルト・フーバー
潜在能力は極めて高いが積極性に欠ける。

ジャン・キルシュタイン
立体機動はトップクラス。だが抜き身すぎる性格が軋轢を生みやすい。

f:id:chikaraino-oo:20190529214124p:plain

サシャ・ブラウス
型破りな勘の良さがあるが、それゆえに組織行動にはむかない。

進撃の巨人4-4

コニー・スプリンガー
小回りのきく機動が得意。しかし頭の回転がやや鈍い。

進撃の巨人4-5

ミカサ・アッカーマン
あらゆる科目を完全にこなす。歴代でも類のない逸材との評価は妥当。

進撃の巨人4-6

エレン・イェーガー
目立った特技はないが他ならぬ努力で成績を伸ばした。そして人一倍強い目的意識を持つ。

進撃の巨人4-7

訓練をさぼっているアニに説教をと思ったエレンとライナーはアニを挑発。
しかし、アニの格闘センスはずば抜けていた。
アニの格闘術は父親に教わったもの。

憲兵団に入って内地に行く権利をもらうのは成績上位10人。
この世界では巨人に対抗する力を高めたものが巨人から離れられる。
アニの言葉にエレンは気づく。

エレン「強くなることに夢中で気づけなかった。こんな簡単な矛盾。やつらは巨人から離れるために巨人殺しの技術を高めてやがる」

進撃の巨人4-8

訓練生218名が卒業にこぎつけた。

駐屯兵団:壁の強化に努め各町を守る。

調査兵団:犠牲を覚悟して壁外の巨人領域に挑む。

憲兵団:王の下で民を統制、秩序を守る。

上記3つから自分の所属する団を選ぶことになる。
しかし、憲兵団を希望できるのは成績上位10名だけ。

進撃の巨人4-11

解散式を終えた夜。
上位10名に入ったが憲兵団へは行かず調査兵団に入るというエレン。
そんなエレンに仲間たちは、人類は巨人に勝てないという。

エレン「確かにここまで人類は敗北してきた。負けはしたが戦いで得た情報は確実に次の希望につながる。おれたちは何十万の犠牲で得た戦術の発達を放棄しておとなしく巨人のエサになるのか。冗談だろ。おれは巨人を一匹残らず駆逐して狭い壁の中から出る。それがおれの夢だ。人類はまだ本当に敗北したわけじゃない」

進撃の巨人4-12

アルミンも調査兵団に行くと言う。

アルミン「死んでも足手まといにはならないと。」

進撃の巨人4-13

ミカサも調査兵団を選ぶことを決める。

ミカサ「エレンは私と一緒にいないと早死にする。もうこれ以上家族を失いたくない。」

進撃の巨人4-14

翌日、調査兵団の帰還を見るためにやってきた3人の元にハンネスがやって来る。
そして、エレンの母を助けられなかったことを詫びる。

エレン「ハンネスさんのせいじゃない、おれたちはもう無知じゃない。もうあんな悲しいことは起こさせない。必ず巨人に勝つ」

ハンネスは、”成長したと喜んでいいのかどうか......死ぬなよ”と心の中で思った。

進撃の巨人4-15

コニー、トーマス、そして肉を盗んできたサシャも調査兵団へ行くと言う。

エレンは”あれから5年経った。人類はようやく尊厳を取り戻しつつある。勝てる。人類の反撃はこれからだ”と心で思う。

そんな時だった。
突如として雷が轟いた。

進撃の巨人4-16

超大型巨人が現れたのだ。

進撃の巨人4-17

壁が壊され、巨人が入ってくる......

進撃の巨人4-18

超大型巨人に立ちむかうエレン。

エレン「よお、5年ぶりだな」