ワンピース889話|遂に開幕 陰謀渦巻く世界会議!|アニメあらすじ/ネタバレ

ワンピース889話|遂に開幕 陰謀渦巻く世界会議!|

youtu.be

初月無料!無料期間の解約でもOK!
 

ワンピース889話|遂に開幕 陰謀渦巻く世界会議|アニメあらすじ、ネタバレ

onepiece889サボ達革命軍幹部は、地面の下に身を潜めていた。
そしてくま救出の作戦をたてはじめる。

 

~回想~

 

ルフィ達は、シャボンディー諸島で海軍と激突。
そこで、バーソロリューくまと対峙。
次々に消えていく仲間…そしてルフィもくまによって消されてしまう…

麦わら海賊団は全員世界各地へバラバラに飛ばされていた。
そしてルフィのメッセージが全員の元に届く。

それは3日後の集合ではなく、2年後に集合という内容だった。

仲間たちは自分の力の無さを悔み、強くなると心に誓う。

そして2年後…
麦わら海賊団は再び集結した!



~現在~

世界会議がいよいよ始まる。


そしてパンゲア城内。花の部屋。

世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。
誓いの内容は

「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」

「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」

といった世界政府の理念を示すもの。
この玉座は座られるはずのないもの…
しかし、イム様と呼ばれる謎の人物は座った。

五老星
「歴史より消すべき灯がまた…」
「お決まりでしょうか?」
「然らば その者の名を!!」